Web業界で働く

タブレット

web業界にはさまざまな職種がありますが、web制作を統括する仕事がwebディレクターです。webディレクターはwebを作るための監督・指揮を行い、そのために必要な人材を確保してスケジュールどおりに制作を行いwebを完成させることです。求人では経験者が優遇されます。

詳しく見る

高年収実現可能

タクシー

インバウンド需要の増加に伴い、語学能力の長けた人材を採用するタクシー会社が増えている。通常のタクシー運転手の年収よりも遥かに高いことが特徴だ。新しいタクシー運転手求人の1つとして今後それを魅力的と捉える人が増えるのではないだろうか。

詳しく見る

主婦やママにおすすめです

オペレーター

比較的求人数が多いコールセンターの仕事は、働き方を選べるのでどなたでも応募しやすいです。主婦やママさんはもちろん、人と話すことが好きな方や、困った人を助けたいと思う方に、コールセンターはおすすめの求人です。

詳しく見る

運転の好きな方におすすめ

タクシードライバー

タクシーの需要は人の行き来の多い東京では非常に多いです。従って多くのタクシー会社が求人広告を出しています。未経験でも稼ぐことは可能で、シニア世代(40代〜50代)で初めてこの業界デビューを果たす方もいます。

詳しく見る

ステップアップが可能

女性

貿易事務の仕事は、スキルが必要であることから、初心者であっても、実力、給料をステップアップさせていくことが可能です。また、英語が好きな人にとっては、実力をつけながら仕事をすることができ、目標となる人に間近に関わることができます。

詳しく見る

グローバルな職場

女性

語学力に自信ある人は天職

貿易とは違う国同士が商品の売買取り引きを、おこなう行為のことですが海に長く鎖国をしていた日本では制限されていました。しかし明治時代になってからは、積極的に貿易がおこなわれるようになり海外との取り引きが活発になったのです。その取引にかかわる様々な事務業務をこなすのが、貿易事務といわれる職業であることをご存知でしょうか。大まかな業務内容は、英文での文書作成や英語での電話応対そして商品の納入管理といったところです。要するに英語と事務能力及び貿易に関する知識が、貿易事務の仕事には必要不可欠とされています。必要な資格は定められていない貿易事務ですが、実際の業務内容には上記したスキルが求められるのです。英検や英会話には自信があるし、事務能力のスキルも高い人ならば貿易事務が未経験者でも雇用される可能性があります。もちろん責任者的な立場とは程遠く、下っ端から始めることになりますが、一般的な事務とは違う業務内容が魅力です。また民間資格になりますが、貿易実務検定というAからC級までレベル分けされた試験があります。一番低いレベルはC級で貿易実務の基本業務をこなす能力が認定、最も高いレベルがA級で実務経験ありで判断業務能力もあると認定されるのです。試験内容は貿易に関する知識と英語の能力が試されるので、貿易事務に必要な能力を持っているのかを試されます。上記したように必要な資格は明確にされていませんが、英語がメインとなる業務内容なので、英検合格者も雇用される確率が高いです。

Copyright© 2018 英語が活かせる仕事で働こう!【貿易事務に必要な能力】 All Rights Reserved.