Web業界で働く

タブレット

ディレクターの仕事

web業界とは、インターネット上のサービスを提供するためのシステムやデザイン、またコンテンツなどを制作する業界のことです。その仕事はさまざまなでwebデザイナーやwebプログラマー、webライターなどがありますが、これ作る人をサポートしたり、または自ら企画してWebを作る仕事を行うのがWebディレクターです。webディレクターはWebを作るためのプロジェクトを監督・指揮を行い管理を行います。仕事としてはクライアントから要望を受け、クライアントが望むwebサービスを作り上げるための作業を手配をしたり、また時には企画をしてクライアントに売り込むといったことなどです。webディレクターに求められるものはwebサービスを作るためのスキームを知っていること、そのスキームを実現するために必要なwebデザイナーやwebプログラマーなどの人材を手配すること、さらに制作スケジュールを定めて目標の納期までにwebを作り納品することなどになります。webディレクターとして働くためにはwebディレクターとしてのスキルを満たし求人に応募するか、またはwebデザイナーなどで実績を積みwebディレクターとして働くといった方法があります。求人で求められるのは、実績でweb業界で働いていると有利です。業界未経験でも応募可能な求人もありますが、通常はwebディレクターとしてではなくwebディレクターの元で働くアシスタントのような求人が中心です。

Copyright© 2018 英語が活かせる仕事で働こう!【貿易事務に必要な能力】 All Rights Reserved.