高年収実現可能

タクシー

インバウンド需要を武器に

タクシー運転手という求人を見ると、どうしても年収が低いというイメージを持ってしまう人は多いだろう。また、単純な運転作業だけであり、将来の自身のスキルアップに繋がらないとの懸念を持つ人もいるはずだ。しかし、現在のタクシー業界はそれらのイメージを払拭しつつある。それはインバウンド需要の増加に伴う語学能力の長けたドライバーの募集である。昔ながらのタクシー運転手はほとんど日本人を乗客として相手している。そゆな運転手が多い為、どんな求人を見ても給料は低く、むしろ人手が溢れている。駅前ロータリーに無数のタクシーを目にする機会は良くあるだろう。近年、上述の通りインバウンド需要の増加による外国人観光客により、タクシー運転手が外国人を乗客として迎え入れる機会が増えている。タクシー会社はこれをビジネスチャンスと捉え、語学能力の長けた人材の確保に注力している。外国人観光客としてはタクシー運転手が自国言語(もしくは英語)でのコミュニケーションが取れることは有難く、そのタクシーでそのまま観光地巡りをするというケースも少なくない。これを1つのパッケージとして売り出せれば、タクシー会社としては収益の柱を築けることとなる。とあるタクシー会社は語学能力の長けた人材に月収で50万円を超える条件を提示している。一般的なタクシー運転手の求人給与よりも遥かに高い。タクシー運転を通じて自身の語学能力を最大限発揮する。そんな働き方も今後推奨されていくだろう。是非一度、そんな求人を探してみてはいかがだろうか。

Copyright© 2018 英語が活かせる仕事で働こう!【貿易事務に必要な能力】 All Rights Reserved.